ベジタリアンのきっかけ

ベジタリアンのきっかけ
  

  ベジタリアンのきっかけ

   
   ちょっと違うかもしれませんが、お肉を食べなく
   なって、私自身が癒されたことには、
   理由があると気がつきました。
 
   今、野菜中心の食生活をしていますが、
   そうなるには人生を振り返っていろいろ
   思い当たることがあるなぁ〜と・・・
 
   人それぞれベジタリアンのきっかけ
   違います。
   私自身は朝食を作るのが面倒・・・
   それがベジタリアンのきっかけでしたが (汗)
   でも。。。
   それだけではありませんでした。
   そして、理由はたくさんあります・・・
   
 
  形が  ベジタリアンのきっかけ その1
 
   私は物心ついたころから、海老がきらいで、大人になるまで
   食べたことがありませんでした。
   お料理学校に通っていたことがあるのですが、そのときに
   一大決心をして、初めて海老を食べてみましたが、やっぱり
   その味も匂いも好きになれませんでした。
 
   初めて海老を見たときのことは小さかったので覚えていませんが、
   母が言うのには、「これはいらない」と言って最初から
   食べなかったそうです。
 
   私は形が・・・ダメなのです。
   お魚もお頭付きは食べられませんでした。
   しらすも、そのままの形なので食べられなかったり・・・・
 
   この位までなら私のような方は、けっこういるかもしれませんが、
   お菓子などでも、くまやうさぎの形のクッキーや動物の顔の
   ペロペロキャンディー、たいやき、フィンガーチョコレート、
   兄が指にアルミを巻いてフィンガーチョコレートと言ったので
   食べられません(爆)
 
   人、動物、魚などの形をしたものはお菓子でも
   食べられませんでした。今は食べることはもちろん出来ますが
   あえて食べたいとは思いません。
   形がダメということもベジタリアンのきっかけの1つなのです。
 
  味覚  ベジタリアンのきっかけ その2
 
   海老を初めて食べたときに感じたことは、
   友達がみんな「おいしい〜♪」と言っているのに全然おいしいと
   思えなくて、私は海老をおいしいと思う味覚が無いのだと
   思いました(笑)
 
   味覚も鍛えるものだと・・・
   今は野菜がとても好きですが最初はサラダも今ほどには、
   おいしいと思いませんでしたが、食べ続けている内に、
   そのものの味が、おいしく感じられるように変わって来ました。
   そして前に比べるとかなり薄味になり、シンプルな味が
   好きになってしまったのも不思議です。
 
   味覚が変わると、動物性食品をおいしいと思えなくなります。
   そして、野菜中心の食生活をしていると、とても早く
   味覚も変わってきます。
   最初のころは、「前はおいしいと思ったのに・・・」ということが
   良くありました。
   不思議ですね。
   
  動物  ベジタリアンのきっかけ その3
 
   私は子供のころから動物が大好きなのですが、これがまた難問で
   ちょっとでも悲しい場面を見ると、何年も忘れられなくて辛いので、
   動物のテレビ番組も見れなかったり、かなり不自由な思いで
   過ごしていました。
 
   なのにお肉や切り身のお魚は食べられるのです(汗)
   でも、いつも心穏やかではありませんでした。
   お肉を食べているときは、これはお肉だ、という意識を
   持たないように必死になっていたり、
   お魚には痛覚が無いから大丈夫なんだと言い聞かせていたり、
   矛盾した食生活だったので、癒されていなかったのです。
 
   余計なことが頭に浮かばないで食べたいと思っていました(笑)
   そして、切実になんとかしたいと、もう少し平気になりたいと
   思っていました。
 
  牧場  ベジタリアンのきっかけ  その4
 
   そんな状態だったのに結婚した相手は
   牧場をやっている人でした _| ̄|○
   出荷の日には辛くて窓を閉めカーテンも閉めて
   耳を塞いでいました(涙)
 
   そこで働いている人がそんな私を見て、
   「この動物達は出世をするんだよ」
   「これ以上生きていても動物自身辛いだけだ」
   「出世したことを喜んであげよう」・・・その言葉にすがりました。
 
   自分に言い聞かせてだんだん慣れてきて、耐えられないと
   思う時期を乗り越えて、悲しくて辛いことには変わりは
   ありませんでしたが、
   いろいろな経験をしたことで、目を背けることは無くなって
   強くなったな〜と思いました。
 
                   牧場での経験を・・・・・more
                   かわいそうな牛のことを書いてあります
 
   そのころお肉は、やはり急激に食べたくなくなりましたが、
   こんなに悲しい出世をしていった動物達・・・
   食べなかったら何のために・・・
   という思いから必死になって食べる努力をしていました。
 
   そして、お肉やお魚を食べるときは食べてあげないとかわいそう
   という気持ちに変わっていきました。
   でも癒された食生活ではありませんでした。
 
  癒し  ベジタリアンのきっかけ  その5
 
   なんで、お肉は食べないという選択をしなかったのか
   ハッキリいってよくわからなかったのですが・・・
   栄養が摂れないと思い込んでいたのかもしれませんね。
 
   昔のように目を背け耳を塞いでということは無くなり、
   現実を見ることができるようになり、それが必要だったとも
   思っています。
   そして、人生が少し楽になったのは確かです。
 
   この経験をしないでベジタリアン的な食生活に変わっていたら、
   残酷なことを言って子供達を悩ませたかもしれませんね(汗)
   そして私自身も悩んだのではと思います。
 
   ベジタリアンの理由の中の動物愛護ということは、私にとって、
   とても大きな理由の1つです。
   でも、いきなりどんなに動物に残酷かということを、話しても
   子供たちには受け入れてもらえないでしょう。
   とても難しい問題です。
 
   いろいろな経験をしたことが、少しずつでも、健康、動物愛護、
   環境のためにベジタリアンの良さを理解してもらいたいという
   気持ちに変わり精神的に、とても落ち着きました。
 
  健康  ベジタリアンのきっかけ  その6
 
   そして今は健康のためにベジタリアン的な食生活をしていると
   思っています。野菜や果物、豆類やナッツ類、海草等・・・
   植物性食品を食べるようになって身体も健康で元気になったことを
   実感しました。
 
   そして精神的にも、動物のこと、環境のことを出来ることから
   実行していることが、心の健康に繋がっています。
 
   子供達もあと少しで大人です。
   良い食生活の選択をして健康な人生を送ってもらいたいと
   心から願っています。
 
   私自身は、いつも言い訳しながら食べていたことから
   解放されて今は自由な気持ちで癒された食生活をしていることに
   癒されています(笑)
 
  
   暮らしと生活 【TOP】
   我家の歳時記
   一年の計は元旦にあり
   七草の節句
   節分
   バレンタイン
       &ホワイトデー
   おひな祭り
   端午の節句
   母の日
   父の日
   七夕の節句
   土用の丑の日
   敬老の日と長寿
   クリスマスとサンタさん
        (クリスマスの森)
   クリスマスの飾り
   お誕生日のプレゼント
   結婚とジンクス

 
     我家のペット達
     た♪日記
 
 
 
 
 
    小さな喜び
      たくさん見つけよ〜♪
 
 
 
        
  
   ベジタリアン
   ベジタリアンMORE(理由)
   朝食は果物
   朝食は果物MORE
   ナチュラル・ハイジーン
   ナチュハイMORE
   安心サラダ
   野菜ジュース
   スムージー
   発芽玄米
   ナッツ
   豆類
   ベジタリアン弁当
   ベジタリアンのきっかけ
   ベジタリアンダイエット
   レシピ 1
   レシピ 2
   参考書籍
 
  
 
       楽しい暮らし、張りのある生活を探しにいきましょう〜♪
       管理人お気に入りのサイト様です。 ステキな人生をのぞいてみましょう〜♪
 
     リンク集
 
 
       ご意見ご感想などありましたら、こちらにお願いします(*^▽^*)ノ    メール
 
HOMEにもどる
Copyright (C) 2007 暮らしと生活〜行・食・作 All Rights Reserved