バレンタインデー


 

   バレンタインデー

     2月、3月になるとバレンタインデーでどこのお店もチョコやお菓子が山積みされています
     バレンタインデーは、買うのも恥ずかしくなるくらい若い女の子であふれています(;´▽`A``
 
   ホワイトデー
     それに比べるとホワイトデーはちょっとさみしい気もしますが・・・(笑)
     きっと、泣いたり笑ったりといろいろな物語が繰り広げられているのでしょうね
 

 
  バレンタインデーの由来
 
   3世紀当時、ローマ皇帝のクラウディウス2世は、兵士達の士気が下がるという理由で、
   兵士の結婚を禁止していました。
 
   結婚できない恋人達を憐れに思い、こっそり結婚をさせていたのが、キリスト教司祭の
   聖バレンタインでした。(イタリア語ではバレンチノ)
 
   このことが皇帝にわかってしまい、捕らえられてしまいました。
   そして、2月14日に処刑されました。
 
   その後、中世ヨーロッパで、聖バレンタイン(バレンチノ司祭)は愛の守護神といわれ、
   この日を恋人達の日というようになったそうです。
 
   ローマでは2月14日は、ルベルカーリア祭という豊穣のお祭りの前日で、未婚の女性が
   名前を書いた紙を箱に入れて置き、お祭りが始まる15日に、
   男性がその紙を引きあてた女性と、お祭りの間、恋人同士になるというもので、
   そのまま結婚までいくカップルも多かったそうです。
 


 
  この2つが時代を経て合わさり、
  現在のバレンタインデーのようになったと
  いわれています。
 
  そして、恋人同士が、お花やカードなどの
  プレゼントをするようになったそうです。
 
  バレンタインデーのカードには
  名前を書かないで、そのかわりに、
 
  「From Your Valentine」 
       あなたのバレンタインから
  「Be My Valentine」 
       私のバレンタインになってください
  と書くそうですよ。
  バレンタインという言葉が恋人というような
  意味なんですね
 
 
   日本のバレンタインデーは女性が好きな男性にチョコを贈って愛を告白する日と
   なっていますが、会社の人や友達、家族など自分の周りにいる親しい人達に贈ることも
   多いですね。
 
   本チョコ以外にも義理チョコ、友チョコ、世話チョコ、族チョコ、余チョコ、MYチョコ、
   パパチョコとたくさんあります。
 
   今は、さみしいことに族チョコ(家族に渡すチョコ)しかしていませんが・・・
   若かりし頃アルバイト先で3人に、世話チョコ(お世話になってる人に渡すチョコ)のつもりで
   渡したのですが、1人の人がもらえませんからと言って、返されたことがあります。
   
   お世話になってるのでほんの気持ちと言っても、受け取れないのでと言われて、
   ものすごい勘違いをされて、虚しい思いをしたことがあります。
 
   今、思い出しても悔しい〜この場を借りて・・・
   「あんたなんか好きじゃないよぉーーーー!!!勘違いするな!」(スッキリ)
 
   あの時・・・「いらないの?じゃ俺もらっていい?ヤッター!」って誰かもって行ったっけ(爆)
   昔は今よりもバレンタインデーのチョコは重かったのです(*≧m≦*)ププッ
 
   我家の息子はいくつかチョコを持って
   帰ってきますが、あれは何チョコなんだろ〜
 
   余チョコ(余ったチョコ)かも・・・(笑)
   なんであれ、うれしそうにおいしそうに
   1人でバクバク食べています。
 
   娘の方は毎年、友チョコいっぱい
   持っていって、いっぱいの友チョコを
   持って帰ってきます。
   そして、「足りなかったょ〜ホワイトデーに
   お返ししないと〜♪」
 
   ど・どうなってるのヽ(~〜~ )ノ ハテ〜?(笑)
 
   ま!とっても楽しそうだからいいけど・・・・・
     
 
  ホワイトデー
 
   3月14日がホワイトデーで、男性がバレンタインデーに貰ったプレゼントのお返しに、
   キャンディーやマシュマロを贈る日です。
 
   バレンタインデー発祥の地ヨーロッパには、ホワイトデーはないので日本独特の行事です。
   日本人は昔から、贈り物を頂いたら、お返しをする習慣があることから、
   ホワイトデーも広まったのですね。
 
 
   娘は毎年、お隣に住んでいるおじさんにバレンタインデーのチョコを渡しているのですが、
   お返しにいつもケーキを頂いています。
   小さなチョコのお返しにケーキをたくさん持ってきてくれて、申し訳ない(汗)
 
   ホワイトデーはチョコの何倍かのお返しをする人が多いので、大変ですね。
   旦那さんがもらってきたバレンタインデーのお返しにと奥さん達が一生懸命、選んでいる姿を
   見かけることがあります。その時に自分の分も買うのが虚しいと言ってる人がいました(笑)
 
   バレンタインデーほど派手に騒がれていませんが、お返しを考えるのは、大変で、
   バレンタインデーよりもお金もかかりますね。
 
   そういえば、いつも息子にバレンタインデーに渡しているのに、ホワイトデーに
   返してきたことがありませんねぇ〜(`□´)
 
 
   今年は娘と2人でさつま芋ケーキを作って
   みました。
   渡す相手は息子、娘は友チョコ・・・
 
   我家はバレンタインデーもホワイトデーも
   恋人や告白とは関係のないとこで、
   いつも盛り上がっています(笑)
 
 
  さつまいもケーキ
 
   さつま芋を茹でてペーストしたものと地粉、
   豆乳、カシューナッツ、くるみ、デーツ、
   カレンズ、さつま芋のコロコロ、黒砂糖、
   ココア(キャロブ)、粉寒天を混ぜて、
   オーブンで焼きました。
   もっちりしています(*≧m≦*)
 
 

   暮らしと生活 【TOP】
   我家の歳時記
   一年の計は元旦にあり
   七草の節句
   節分
   バレンタイン
       &ホワイトデー
   おひな祭り
   端午の節句
   母の日
   父の日
   七夕の節句
   土用の丑の日
   重陽の節句
   敬老の日と長寿
   クリスマスとサンタさん
         (クリスマスの森)
   クリスマスの飾り
   お誕生日のプレゼント
   結婚とジンクス
 
 
   我家のペット達
   た♪日記
 
 
 
 
 
 
  小さな喜び
    たくさん見つけよ〜♪
 
 
       
 
 
   ベジタリアン
   ベジタリアンMORE(理由)
   朝食は果物
   朝食は果物MORE
   ナチュラル・ハイジーン
   ナチュハイMORE
   安心サラダ
   野菜ジュース
   スムージー
   発芽玄米
   ナッツ
   豆類
   ベジタリアン弁当
   ベジタリアンのきっかけ
   ベジタリアンダイエット
   レシピ 1
   レシピ 2
   参考書籍
 
            
 
 
     楽しい暮らし、張りのある生活を探しにいきましょう〜♪
     管理人お気に入りのサイト様です。 ステキな人生をのぞいてみましょう〜(o^∇^o)ノ 
 
      リンク集
 
 
 
     ご意見ご感想などありましたら、こちらにお願いします(*^▽^*)ノ       メール
 
 
HOMEにもどる
  Copyright (C) 2007 暮らしと生活〜行・食・作 All Rights Reserved