七草


 

   七草の節句

     1月7日に七草粥を食べることから七草の節句といわれています。
     人日の節句(じんじつ)ともいわれていますが、人日とは人の日という意味で、
     7日の人の日に邪気を祓うために、七草の入ったお粥を食べて
     一年の無事を祈ったのだそうです。
 

 
  人日の節句〜七草汁
 
   古代中国では、正月1日に鶏、2日に狗(犬)、3日に羊、4日に猪(豚)、5日に牛、
   6日に馬の日として、その日はその獣蓄を殺さないようにしていました。
   そして7日は人の日で人を大切にする日でした。
 
   その人日の日に七草を食べて、邪気を払い一年の無病息災を祈ったそうです。
   当時は七草を暖かい汁物に入れて食べたそうですよ。
 
   これが日本に伝わって平安時代には、七草の入った汁物を食べていましたが、後にお粥に
   かわり江戸時代には、庶民にも七草の節句が定着したそうです。
 
   お粥は、かなり好きなので七草粥だけは、我家でもいつも作っていました〜(*'ー'*)ふふっ♪
 
 
     七草囃子・・・・・六日の夜に七草を刻みながら七草囃子を歌ったそうです
 
                  七草なずな 唐土(とうど)の鳥が
 
                     日本の土地に 渡らぬ先に 七草生やす
 
                        ストントンストトン ストトントン…
 
   大陸から渡り鳥による疫病が入ってこないことを願った歌とされています。
   地方によりいろいろな風習があります。
 
   七草囃子を歌いながら、調理器具(すりこぎ、おろしがね、杓子、火箸など)をまな板に
   のせて、包丁で7回叩いてから七草を刻む。
 
   七草囃子を歌いながら、七草を1種類につき7回ずつ刻み全部で49回刻むなどあります。
 
   一晩神棚に供えてから7日の朝、お粥に入れて作ったそうです。
 

  春の七草の短歌      
 
       せり  なずな
              ごぎょう  はこべら  ほとけのざ
       すずな、すずしろ
              これぞ七草 
 
   平安時代に「四辻の左大臣」が詠んでから春の七草として定着したそうです。
 
        そのままの短歌 (*≧m≦*)  でも・・・これで七草覚えることができました。
 
 
  七草粥  レシピ (2〜3人分)
 
   七草 (セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ)
   米 1カップ  水 5〜6カップ(好みで)塩 少々
 
   米をとぎ水気を切っておく 、七草は、歌いながら細かく刻む(笑)
                  (アクの強いものはさっと塩ゆですると良いです)
 
   鍋に米を入れ、水を加えて強火で煮る、米は煮立ったら、鍋の底にくっついているので、
   しゃもじでそっとはがしてから蓋をして弱火で30分位煮ます。
   炊き上がる直前に、塩をふり、刻んだ七草を入れてひと混ぜして出来上がり。
 
   七草はあまりたくさん入れると、その独特の味が子供たちには食べづらいということもあり、
   我家は控えめにいれています。
 
   それと、実際にはまだ七草の時期ではないので、スーパーで売っている七草のパックの
   詰め合わせには、同じものがやたら入っていることがよくあります _| ̄|○ ハコベラ
   全部入れないようにした方がおいしくできます。
 
 
 
   七草がセリしか無くて、違うものを
   入れて作りました。
 
   セリ、ほうれん草、小松菜、
   貝割れ大根、水菜、大根の葉、
   カブ(葉も)
 
   色がキレイなのでラディッシュも
   入れてみました
 
   ゆずは乾燥のゆずをのせています
    
 
  七種粥 小豆粥
 
   日本では平安時代から、旧暦の正月15日に七種粥を食べるという行事がありました。
   米、アワ、キビ、ヒエ、ミノ、ゴマ、アズキ等を入れたお粥を食べて1年の邪気を祓うと
   されていました。
 
   アズキの赤い色が目立つことから小豆粥とも言われたそうです。
   小豆の赤い色は邪気を払い、1年間病気を防ぐと言われていました。
 
   また、その七種粥を炊いた薪の燃え残り「粥杖(かゆづえ)」で女性のお尻をたたくと
   子宝に恵まれ、男性のお尻をたたくとその人の子を宿すと言われていたそうです(爆)
 
   現在でも15日に小豆粥、赤粥、十五日粥と言われている七種粥を食べて、邪気を祓い
   健康を願った風習が引き継がれています。
 
                                          
          「君がため 春の野に出でて 若菜つむ
                        我が衣手に 雪は降りつつ」         光孝天皇
 
 
   日本では古くから1月7日には若菜摘みをする風習があり、さらに15日に七種の穀類
   (米・粟・稗・黍・ミノ・胡麻・小豆)が入った七種粥を食べる行事がありました。
 
   このような日本古来の風習が平安時代に中国から伝わった「人日の節句」と合わさって
   現在のような七草の節句になったと言われています。
 
 
 
        
 
   15日の日は七種粥を作ってみました。
   最近は5穀ごはんや10穀ごはんを簡単に炊けるように、雑穀のブレンドされたものが
   売られているのでそれを米に混ぜて、黒米も少し入れて作りました。
 
   小鉢にはカブと葉を軽く塩を振ってしぼったものと梅干しをあえています。
   和紙で箸袋、鶴、梅を折って飾ってみました♪
 
 

   暮らしと生活 【TOP】
   我家の歳時記
   一年の計は元旦にあり
   七草の節句
   節分
   バレンタイン
       &ホワイトデー
   おひな祭り
   端午の節句
   母の日
   父の日
   七夕の節句
   土用の丑の日
   重陽の節句
   敬老の日と長寿
   クリスマスとサンタさん
         (クリスマスの森)
   クリスマスの飾り
   お誕生日のプレゼント
   結婚とジンクス
 
 
 
   我家のペット達
   た♪日記
 
 
 
 
 
 
  小さな喜び
    たくさん見つけよ〜♪
 
 
       
 
 
   ベジタリアン
   ベジタリアンMORE(理由)
   朝食は果物
   朝食は果物MORE
   ナチュラル・ハイジーン
   ナチュハイMORE
   安心サラダ
   野菜ジュース
   スムージー
   発芽玄米
   ナッツ
   豆類
   ベジタリアン弁当
   ベジタリアンのきっかけ
   ベジタリアンダイエット
   レシピ 1
   レシピ 2
   参考書籍
 
            
 
 
     楽しい暮らし、張りのある生活を探しにいきましょう〜♪
     管理人お気に入りのサイト様です。 ステキな人生をのぞいてみましょう〜(o^∇^o)ノ 
 
      リンク集
 
 
 
     ご意見ご感想などありましたら、こちらにお願いします(*^▽^*)ノ       メール
 
 
HOMEにもどる
  Copyright (C) 2007 暮らしと生活〜行・食・作 All Rights Reserved