敬老の日


 

   敬老の日

     長い年月にわたり社会につくしてきたお年寄りに感謝し、長寿とこれからの健康を願って
     お祝いをする日です。
     敬老の日は9月の第3月曜日で移動祝日です。
 

 
 
  敬老の日の始まりと由来
 
   1947年に兵庫県多可郡野間谷村(現在の八千代町)が「老人を大切にし、お年寄りの
   知恵を借りて、村作りをしよう」と提唱し、9月15日を「としよりの日」として、敬老会を
   開いたことが始まりだそうです。
 
   そして、1954年に国民の祝日に制定されました。
 
 
   しかし・・・・・
 
   「としよりの日」という呼び方
    かなりかなり不評だったらしく

   「老人の日」といったん名称が
    変わり・・・
 
   としよりと老人・・・・・あまり
   変わっていないですよね(笑)
 
 
   1966年に「敬老の日」
   になりました。
 
           (´▽`) ホッ
 
 
  悲田院
 
   聖徳太子が大阪に四天王寺を建立するにあたって、敬田院・施薬院・療病院 ・悲田院の
   「四箇院」を建てました。
 
     仏法修行の道場である敬田院
     病者に薬を施す施薬院
     病気の者を収容し、病気を癒す療病院
     身寄りのない者や年老いた者を収容する悲田院
 
   この四箇院の1つである悲田院が建てられた日が、敬老の日になったといわれています。
 
   悲田院は、奈良時代に仏教の教えが広まり、貧窮者や孤児、年老いた者の救済をする
   という仏教精神で、建てられた施設として、もっとも古いものです。
 
 
  養老の滝
 
   昔、美濃の国(岐阜県南部)に親孝行なきこりが、年老いた父と住んでいました。
   きこりは毎日、山で取った薪を売って、暮らしていましたが、貧しくて、父の好きなお酒も
   なかなか買うことが出来ませんでした。
 
   ある日、山奥を歩いていると、岩壁を流れ落ちる水がありました。
   これがお酒だったら父がどんなに喜ぶだろうと思っている時に、足を滑らせて落ちて
   しまいました。
 
   そして、ふと気づくと、泉からお酒が湧き出ていました。
   きこりは嬉しくて、夢かと思いましたがひょうたんにお酒を入れて帰りました。
 
   年老いた父は大喜びでお酒を飲みました。不思議なことに父の白髪は黒くなり、顔の皺も
   無くなって、すっかり若返りました。
 
   この話しが広まり、やがて元正天皇にまで伝わりました。さっそく御自身でおいでになり、
   飲浴されたところ「肌は滑らかになり、痛むところもすっかり治り、これは老いを若返らせる
   不思議な水」と大変喜ばれました。
 
   そして年号を養老と改められ、八十才以上の老人に授階や恩賜がありました。
   孝子節婦を表彰され、此の地方の人々の税を免除されたそうです。
   このことが敬老の日の由来になっているという説もあります。
                    元正(げんしょう)天皇第44代の奈良時代の天皇で女帝です。
 
 
  長寿のお祝い
 
   長寿をお祝いする事を賀寿(がじゅ)といいます。
   長寿のお祝いは、いままでの長寿に敬意を表して、これからも元気で、長生きしてほしい
   という願いをこめてお祝いすることです。
 
   賀寿祝いの始まりは奈良時代に興福寺の良弁が金鐘寺で僧、審祥を招いて華厳経をあげ、
   聖武天皇40歳のお祝いをしたのが始まりといわれています。
 
   江戸時代の賀寿祝いでは、本人が寿の字を書いた餅などを、親戚・知人に配ったそうです。
 
   現在は一般的に還暦からお祝いをすることが多いですが、還暦はまだ、現役で働いて
   いる人も多く、年寄り扱いされたと言って嫌がる人もいますね。
 
 
  還暦(かんれき) 60歳    赤
   60歳で60種類ある十干十二支が一回りし、自分の干支に戻ることから、暦の上で還る
   という意味で「還暦」といいます。
   赤ちゃんに還るということや、赤は魔よけの色でもあるので、赤のちゃんちゃんこや
   赤いずきん等を贈り、お祝いします。
 
  古稀(こき) 70歳    紫
   古希のいわれは「人生七十古来稀也」という中国の詩人、杜甫の詩に、ちなんだものと
   言われています。
 
   「この人生、七十歳まで長生きできるのは稀なことだから、今のうちにたくさん楽しんでおこう
   短い人生仲良く過ごそう」などの意味だそうです。
 
  喜寿(きじゅ) 77歳    紫
   喜を草書で書くと七十七に似ていることから、喜寿といわれるようになりました。
   「喜の字の祝」とも言われています。
 
  傘寿(さんじゅ) 80歳    紫
   傘の字を崩すと八十とよめることから、傘寿といわれるようになりました。
 
  米寿(べいじゅ) 88歳    金茶 黄
   米の字が「八十八」と書くことから、米寿といわれるようになりました。
 
  卒寿(そつじゅ)  90歳 紫
   卒の字の略字(卆)が九十とよめることから、卒寿といわれるようになりました。
 
  白寿(はくじゅ)  99歳  白
   白の字が「百」の字から「一」を引くと、白になることから、白寿といわれるようになりました。
 
  百寿(はくじゅ) 100歳
   100歳を百賀の祝い、101歳は百一賀の祝い
 
  または、
  上寿 (じょうじゅ) 100歳から
   100歳から上寿といわれて、毎年上寿のお祝いをする風習もあります。
 
  茶寿 (ちゃじゅ) 108歳
   茶の字は、草冠が十と十で二十になり、下の部分を米という字に見て八十八になり、
   合わせて百八になるため茶寿といわれています。
 
  皇寿 (こうじゅ)
   皇の字の王を一と十と一に分解して足すと十二になり、白は九十九を表すので、
   合わせると百十一になることから皇寿といわれています。
 
  珍寿  (ちんじゅ) 112歳〜
   百十二歳まで長生きするのはとても珍しいので珍寿といわれています。
   ここからは毎年、珍寿のお祝いをします。
 
  大還暦 (だいかんれき) 120歳
   還暦の倍になるからだそうです。
 
  漢字の言葉遊びのようなものが多くて、とてもおもしろいですね〜
  漢字ってすぐれものですね〜♪
 
 
  数え年
 
   昔から数え年でお祝いをしていますが、現在は満年齢でお祝いすることが多くなって
   きています。
   数え年は、生れた時点を一歳として、その後正月を迎えるたびに一つ年を加えます。
   数え方は、満年齢に誕生日前なら2才、後なら1才を足します。
 
 
  緑寿 (ろくじゅ) 66歳 緑
   新たな賀寿として提案しているお祝いだそうです。緑緑で66と読めることから緑寿と
   したそうです。
   60歳の還暦はまだまだ現役で働いている人も多く、65歳くらいが統計上、現役と高齢者の
   節目になっているということから、提案されているそうです。
 
 
  敬老の日は地域でワイワイ 
 
   敬老の日や長寿のお祝いは、家族や親戚でお祝いすることが多いですね。
   でも、地域によっては敬老の日を町ぐるみでお祝いするところも多いようです。
 
   私が今、住んでいるところも敬老の日は70歳以上のお年寄りを福祉会館に招待して、
   町の30代、40代の人達が中心になってご馳走を作ります。
   そして、歌や踊りもみんなで前々から練習をしているので、舞台で披露してお年寄りに、
   楽しんでもらう行事を毎年やっています。
 
   お年寄りへのおみやげは、持って帰るのが重くて大変だろうという気持ちから、
   お年寄りが帰ったあとに、1軒ずつおみやげを、届けに回ったりと、とても大変な1日ですが、
   お年寄りはこの日を楽しみにしているようでとても喜んでいます。
 
   いずれは、してもらうことだからと言っていますが、みんなでワイワイ働くのも楽しいです。
   お年寄りも若い人もみんなが楽しむ敬老の日ですね
 


  おばあちゃん
 
  97歳で亡くなったおばあちゃんです
  手芸が大好きで、編物やレース編み、お人形や
  ぬいぐるみ、和紙を使ったものなど、本当に
  たくさんの手芸をして、いつも何か作ることに
  楽しみを見つけていました。
 
  70歳過ぎた頃からは、写真のお人形が
  気に入っていったいどれくらい作ったのか、
  わからないぐらいたくさんのお人形を作っては、
  欲しいという方にプレゼントしていました。
 
  たぶん200以上はお嫁に行ってます(笑)
 
  やさしくて穏やかで、おしゃれで、手芸が
  大好きだったおばあちゃんは自慢のおばあちゃん
  でした。
 
  歳を取っても、おばあちゃんみたいに暮らしを
  楽しめたらいいなって思いますo(*^▽^*)o
 
 

   暮らしと生活 【TOP】
   我家の歳時記
   一年の計は元旦にあり
   七草の節句
   節分
   バレンタイン
       &ホワイトデー
   おひな祭り
   端午の節句
   母の日
   父の日
   七夕の節句
   土用の丑の日
   重陽の節句
   敬老の日と長寿
   クリスマスとサンタさん
         (クリスマスの森)
   クリスマスの飾り
   お誕生日のプレゼント
   結婚とジンクス
 
 
   我家のペット達
   た♪日記
 
 
 
 
 
 
  小さな喜び
    たくさん見つけよ〜♪
 
 
       
 
 
   ベジタリアン
   ベジタリアンMORE(理由)
   朝食は果物
   朝食は果物MORE
   ナチュラル・ハイジーン
   ナチュハイMORE
   安心サラダ
   野菜ジュース
   スムージー
   発芽玄米
   ナッツ
   豆類
   ベジタリアン弁当
   ベジタリアンのきっかけ
   ベジタリアンダイエット
   レシピ 1
   レシピ 2
   参考書籍
 
            
 
 
     楽しい暮らし、張りのある生活を探しにいきましょう〜♪
     管理人お気に入りのサイト様です。 ステキな人生をのぞいてみましょう〜(o^∇^o)ノ 
 
      リンク集
 
 
 
     ご意見ご感想などありましたら、こちらにお願いします(*^▽^*)ノ       メール
 
 
HOMEにもどる
  Copyright (C) 2007 暮らしと生活〜行・食・作 All Rights Reserved