ひな祭り


 

   おひな祭り

     女の子の幸せを願うとても綺麗で華やかな行事ですね。
     おひな祭りは、上巳の節句、桃の節句ともいわれています。
     ひな人形を飾り、菱餅や白酒、そしてかわいい雛あられ〜♪
 


 
 
  私だけのおひな様
 
    おひな祭りのおひな様って何か女の子にとって特別なものだと思いませんか?
 
    自分だけのおひな様・・・
    姉妹がいたら・・・・・それぞれのおひな様
 
    お母さんのおひな様はお母さんのもの・・・
 
    私だけのおひな様・・・
 
            あまり深く考えていませんでしたが、やっと意味がわかりました♪
    
                 
             
 
    お人形を身代わりにして、自分の災厄を川に流した、流し雛の由来からだったのですね。
    自分の身代わりだから、他の人と共用したりできないという意味ですね・・・
 
    女性はみんな「私のおひな様」って言いますものね(笑)
    おひな祭りにはおひな様をちゃんと飾って、一年無事に過ごしてこれたことも
    感謝しないと・・・(汗)
 
               
               黒米を入れて炊いたピンクのご飯に大根の葉、たくあん、梅干を
               入れてハートおにぎり♪3色寒天はキーウィ、豆乳、いちごです♪
 
    おひな祭りは上巳の節句や桃の節句とも言われています。
    そして今のおひな祭りの由来にもなっています。
 
  上巳の節句(じょうし)
 
    日本では古来、三月の最初の「巳の日」に、草や紙で「ひとがた」という人の形をつくり、
    災いを払うために川や海に流していました。
    そして、後に宮中で流行った人形で遊ぶ「ひいな遊び」と合わさって、人形で身体を撫で、
    身代わりに災厄を移して川や海に流すようになり、流し雛へ発展したようです。
 
    それが時代を経て現在の女の子のひな祭りのようになったそうです。
 
  桃の節句
 
    邪気を祓うという桃が咲く頃に行われていたので桃の節句といわれるようになったそうです。
 
    ひな祭りにひな人形を飾り、菱餅、白酒、桃の花を供えるなどの風習が定着したのは、
    江戸時代と言われています。そして、それぞれに意味や由来もあります。
 
    おひな祭りにお供えするものって、綺麗なものが多いですが、女の子のおひな祭りらしく
    時代と共に見た目にもやさしく美しくなったのでしょうね♪
 
 
  ひな人形
 
    流し雛やひいな遊びの紙人形から発展して、宮中で豪華なお雛様を飾り、
    お祝いするようになったのが、広まっていったそうです。
    おひな祭りには、私だけのおひな様を飾りましょう(笑)
    
    いつまでも飾っていたらお嫁に行かれないと言いますが・・・
    私が住んでいる町もそうなのですが、旧暦でおひな祭りをするので、2月の終わり頃から
    4月まで、おひな様を飾っている家が、多いみたいです。
 
    せっかく飾ったおひな様は長く見ていたいという思いから長く飾っていますね(笑)
    スーパーでも3月3日よりも旧暦のおひな祭りの時の方が、菱餅や雛あられが
    充実しています。
 
    飾るのが遅くなったり、しまうのが遅くなったり・・・おひな祭りをその時の都合で
    旧や新暦に、変えているような・・・(汗)
 
 
 
  市松人形 (公司人形サイト様の説明文を抜粋させて頂きました)
 
    市松人形は雛人形や五月人形と違って季節がなく、根強いファンも多 く、節句以外にも
    贈答品や自分の趣味で、集めている人も多いそうですよ。でもひな祭りに使われる場合は
    お出迎え市松と言うそうです。
 
  お出迎え市松
    お雛様が母方の実家から送られるのに対し、市松人形はお雛様を迎えるための
    お出迎え人形として父方の実家から送るのが風習となっているそうです。
 
    江戸時代中期に佐野川市松という上方の歌舞伎役者がいて、それはすごい人気だった
    そうです。その佐野川市松に似せて作られたお人形が、始まりと言われているそうです。
    他にも、そのとき佐野川市松が着た、紺と白の石畳模様の衣裳(市松模様)を
    着せた人形を、そう呼ぶようになったとも言われているそうです。
 
    娘の初節句のときに実家からおひな様を送ってもらいましたが、その時に義母が
    市松人形を買ってくれて・・・
    実はそのときは、このような、お出迎え市松ということを知りませんでした(;^_^A
    お出迎えしてくれていたのですね〜ありがとう(*'ー'*)♪
 
 
 
  桃の花 
 
    旧暦では桃の花が咲く頃で、桃には邪気を祓い長寿をもたらす力があると言われて
    いました。
    またたくさんの実をつけることから子宝に恵まれるということで、崇められていました。
    中国では桃は「生命力」「不老」の象徴と言われています。
    おひな祭りだけではなくて、節分でも桃は登場しますね〜♪
 
  菱餅   
 
    最初は草餅だったようです。草餅の草は母子の健全を祈って母子草(ゴギョウ)が使われて
    いましたが、後にはよもぎになり、、どちらも薬草で邪気を祓うと信じられていたからだ
    そうです。
 
    その草餅の上におめでたい意味で紅白の餅を重ねたという説や、
    緑は草萌える大地を表し、健康や長寿を意味し、白は雪で清浄を表し、
    ピンク(紅)は桃の花で、魔除けを表しているという説もあります。
 
    春が近づき、雪の残る大地からは草が萌え、桃の花が咲いているという季節の様子が
    表現されています。
 
  雛あられ 
 
    野外の祭りや野や山に遊びに行くとなどに携帯食料として持っていったのが、雛あられの
    原形になったと言われています。
    あられの基本色の桃、緑、黄、白は、それぞれ春夏秋冬をあらわしており、
    一年中健康でありますように、という願いが込められています。
 
  白酒   
 
    もともとは桃花酒(とうかしゅ)という、桃の花をお酒に浮かべたものだったそうです。
    桃が百歳を表す「百歳(ももとせ)」に通じることや、生命力や不老の象徴であったため
    ですが、あまり浸透せず江戸中期になってから、白酒にとってかわったそうです。
    ひな祭りに、白酒に桃の花びらを浮かべる所もあるそうです。
 
  はまぐり 
    一対の貝殻は、それ以外の貝と合わないことや、はまぐりは、貝がらがしっかりと合わさって
    いることから、将来よい伴侶に恵まれるという意味があります。
 
 
    菱餅の季節感や雛あられの色の由来にちょっと感動してしまいました(笑) 
    ひな祭りの定番・・・ベビーカラーの雛あられは季節の色を表していたのですね〜♪
 
 
 
 紋
 
 私のところでは、雛人形はお母さんの
 
 実家で買ってもらうのが風習で、
 
 その時の紋も母方で伝えられてきた紋を
 
 使うと聞いていましたがその地方によって
 
 いろいろな風習があるようです。
 
  御殿
 
  私のおひなさまも祖母が贈ってくれたもの
  でしたが、御殿がついています。
  御殿のついたお雛様は大正時代から
  昭和30年代位まで流行ったそうです。
 
  私は御殿のおひなさまがとっても
  気に入っていますが、御殿の中に、
  お内裏様とおひな様を飾るので、お人形が
  小さめということや、良く見えないなどで、
  流行に合わなくなっちゃったのかな〜と
  思っています。
 
  今のおひな様ほど綺麗で華やかでは
  ありませんが、冠をかぶせて、お扇子を開いて
  持たせてあげて、
  御殿におひなさまを飾るときにいつも
  夢のようだと思っていました。
     
  娘も小さいころは、よくお道具をひっさげて
  歩いていましたね〜なんでこんな所に
  お道具が置いてあるの?って
  よく思いました。
 
  上の写真も、娘がお道具を持って
  遊んでいるところです(笑)
 
  昔は女の子達がおひな祭りのお人形や
  お道具で、おままごとをして
  遊んだのでしょうね♪
 
 



娘のおひな様を飾るようになってからは、
  御殿だけを飾っています♪
  猫
 
    娘が小学校に入ったころ猫を拾ってきて、次の年にまた拾ってきたので、
    なかなかおひなさまを飾れなくなってしまいました。
    出かけたりして帰ってくると、猫が雛壇の上に座っています。
    かなり得意そうに・・・{{( ▽|||)}}
 
    2匹いるので、追いかけっこしたり、何が起きるかわからない状況で、それ以来、
    恐ろしくて飾れませんでしたが、子供の成長と共に猫ちゃんも成長して、おとなしくなって、
    やっと飾れるようになりました(笑)
 
    おひな祭りのときには、おひな様飾ってよ〜と娘が言っていましたが、ネコちゃんいるから
    飾れないでしょうと・・・
    絶対無理だね〜と納得していましたが、ある時・・・
    「お母さん!おひな様は飾らないと・・・おひな様の目から涙が出るんだよ」
    「ええーーー!」・・・てっきり「お嫁に行かれないんだよ」って言うのかと思いました(汗)
 
 

   暮らしと生活 【TOP】
   我家の歳時記
   一年の計は元旦にあり
   七草の節句
   節分
   バレンタイン
       &ホワイトデー
   おひな祭り
   端午の節句
   母の日
   父の日
   七夕の節句
   土用の丑の日
   重陽の節句
   敬老の日と長寿
   クリスマスとサンタさん
         (クリスマスの森)
   クリスマスの飾り
   お誕生日のプレゼント
   結婚とジンクス
 
 
 
   我家のペット達
   た♪日記
 
 
 
 
 
 
  小さな喜び
    たくさん見つけよ〜♪
 
 
       
 
 
   ベジタリアン
   ベジタリアンMORE(理由)
   朝食は果物
   朝食は果物MORE
   ナチュラル・ハイジーン
   ナチュハイMORE
   安心サラダ
   野菜ジュース
   スムージー
   発芽玄米
   ナッツ
   豆類
   ベジタリアン弁当
   ベジタリアンのきっかけ
   ベジタリアンダイエット
   レシピ 1
   レシピ 2
   参考書籍
 
            
 
 
     楽しい暮らし、張りのある生活を探しにいきましょう〜♪
     管理人お気に入りのサイト様です。 ステキな人生をのぞいてみましょう〜(o^∇^o)ノ 
 
      リンク集
 
 
 
     ご意見ご感想などありましたら、こちらにお願いします(*^▽^*)ノ       メール
 
 
HOMEにもどる
  Copyright (C) 2007 暮らしと生活〜行・食・作 All Rights Reserved